友人のススメで通販で即買いして絶賛のフィラリア予防薬

フィラリアの症状

日本人10人中の5人の約半数がペットを飼っていると調査で判明しなぜペットを飼うのか。
との問に対して飼い主は仕事の疲れや精神的な癒しを求めペットの存在はとても大きな支えとなっているとの事が分かりました。
元々は人間によって飼い慣らされいたのが動物達の存在でしたが時代が進むに連れてイネはヒトと一緒に暮らしてたり今となっては家族の一員としても数えられるのです。
尚、昔から人との関わりはとても強く深い関係にあるイヌなのですがアメリカのペット協会による調査では死亡率の高さ一位はガンであって5割の約半分を占めていており次に多いのがフィラリア関連の感染症でした。
この病気は寄生虫が蚊を媒介して愛犬に感染する病であり感染元は既に感染している動物の体から蚊が直接血を吸い込んで
その中から幼虫が蚊の体内に移動し、体内に幼虫を宿した蚊が愛犬を吸引し同時に同じく幼虫を体内に入り込む
ために蚊の媒介によって感染をしてしまいます。
そして、何より怖いのは感染した幼虫は徐々に成虫へと大きく成長していき子供を産むために心臓をターゲットとして宿ります
これによって体の中の血液の流れが悪くなり重大な病気を症するのです。
発症してからの当初は何の変わりも無い普段通りの生活と状態が続く場合が多くてその為飼い主はまさか感染するとは思わないわけです。
成虫への成長スピードは早く月日の経過と共に初期症状として息が荒くなり咳が酷くなったり散歩や運動を嫌い、腹水が原因で腹が膨らんでしまい失神します。
これらの症状は初期症状です、器官系にまで達した場合は他の機能不全を招いて血尿と呼吸困難が起こり重症化するケースが殆どです。
この際は直ちに獣医の診察を受診しないいと僅か数日で命を落とす事があります。
そんな恐ろしい感染病ではありますが医療技術の進む現代ではフィラリア予防薬で対処が出来て月に一度の期間を置き摂取する事により予防が可能となってます。
フィラリア予防薬は簡単、確実に予防が出来ますが投薬を一度でも忘れると再感染の危険性が高くなるので摂取日の日付を忘れないよう日記等に印を付けたりしましょう。
予防薬を購入するには2つの手段が有り、獣医からの診察又は通販サイトからの購入をお勧めします。