友人のススメで通販で即買いして絶賛のフィラリア予防薬

皮膚病の原因

ペットを飼う時に(特に犬や猫)、飼い主なら絶対に知っておかなければならないのがペットの皮膚病についてです。
この病は、気付かずに放置すると重大な病気を引き起こし、最悪の場合には死に至る危険もあるペットにとっても飼い主にとってもとても怖い病気です。

愛するペットを守るためにも病気の種類や要因をしっかりと頭に入れておくようにしましょう。

≪皮膚病の種類~原因と症状~≫
動物病院にかかる原因の中で、最も多いのが、皮膚の病気と言われています。
ペットの中でも特に犬が多く、犬にとってはとっても身近な病気と言えます。

なお、犬だけに限らず猫でも下記のような症状は皮膚の病気かも知れませんのでしっかり観察して、改善されない場合は病院に連れていくようにしましょう。

■皮膚の病気の種類
ペットがかかりやすい病気の中でも特に多いのが下記のような病気です。
「細菌性皮膚炎」・・・皮膚に細菌が感染。炎症を起こしかゆみや発疹を引き起こします。
「真菌性皮膚炎」・・・カビ菌から感染する皮膚炎。皮膚を守る力が弱まってる時に感染しやすいです。
「ノミ寄生」・・・ノミが皮膚に寄生することで発疹やかゆみを引き起こします。ペットから人間にも寄生します。
「アレルギー性皮膚炎」・・・ハウスダストなどによって引き起こされる病気です。
「接触性皮膚炎」・・・刺激の強い物質が皮膚に触れることで起こる病気です。
「疥癬症」・・・ダニが皮膚に寄生することで強いかゆみを引き起こします。
「脂漏症」・・・皮脂の分泌異常によって引きこされる病気です。食事(餌)が問題となっているケースが多いです。
「乾性脂漏症」・・・人間でいうカサカサ皮膚の状態です。乾燥する事でかゆみを引き起こします。
「毛包虫症」・・・ペットに常在しているダニの一種で、普段は無害ですが免疫力が下がるとかゆみや炎症を引き起こします。
「心因性皮膚炎」・・・精神的なストレスによって炎症やかゆみを引きおこします。

特に、
1.執拗にかゆがる・しょうっちゅう体を掻く。
2.膿が出ている。
3.皮膚が赤くなっている、発疹がある。

これらの症状が出た場合は上記いずれかが原因となっている可能性があります。

ご覧いただければ分かるようにペットの皮膚はとても弱いです。
皮膚病にかからないために最も重要なのはペットの皮膚(肌を)常に清潔に保つこと、そしてストレスを与えない事です。

こまめなシャンプーやブラッシングをすることをオススメします。